×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二日酔い 予防

二日酔いに効果的な水とは

お酒を飲み過ぎて、吐き気や頭痛といった

 

体調不良が起ったというような経験をされた方は大勢いるのではないでしょうか。

 

 

 

このような二日酔いの症状を和らげる効果が水にはあります。

 

水分の摂取の仕方によって体調不良の早期回復にも繋がります。

 

二日酔いは、肝臓で分解出来る量を超えて飲んでしまったアルコールが

 

アセトアルデヒドという毒性の物質を作り、

 

酢酸へと分解されずにそのまま体の中に溜まってしまう事で起こります。

 

 

 

アルコールを分解できる力には遺伝的体質により、

 

個人個人能力に差があるため自分の飲める量や体調の状態を見極めて、

 

お酒の量を調整するようにすれば二日酔いを

 

可能な限り予防することが出来ます。

 

 

 

ですが、何かの諸事情で自分の体内で分解しきれない量の

 

アルコールを飲んでしまう事もあるでしょう。

 

 

 

そんな時は、水をたくさん飲むことで体内の代謝を上げ、

 

血液中に残ってしまったアセトアルデヒドの濃度を薄めながら、

 

尿と共に体外へ排出してくれる役割を担っています。

 

 

 

もちろん、アルコールの摂取量に注意することが大前提ですが、

 

飲みに行く前に事前に水を飲んでおく事を心掛けるだけでなく、

 

アルコールを飲酒中でも意識して水を飲むことで二日酔い予防になっているのです。

 

 

 

よくウィスキーのストレートなどを頼んだ場合「チェイサー」と言って

 

一緒に水がついて来るのを見たことがありませんか。

 

 

 

ウィスキーだけでなく、日本酒やワインなどでも

 

水を飲むことで肝臓への負担を和らげることが出来ます。

 

 

 

飲み終わった後からでも水分を十分に摂取することで

 

代謝が上がり二日酔い予防を行うことが出来るので、

 

積極的に水分摂取をすることが重要です。

 

安全でおいしいお水は天然水がおすすめです。

 

定期的に宅配してくれるウォーターサーバー 無料レンタル